銀行のカードローンは総量規制対象外

銀行のカードローンは総量規制対象外

カードローンと一口に行っても、様々な種類があります。

いわゆる消費者金融のものもあれば、銀行が行っているものもあります。
銀行が行っているカードローンのメリットは、総量規制の対象外ということです。

ここでまず、総量規制とは何かについて説明をします。

以前、多重債務が社会問題化した時期がありました。
多重債務によって自己破産をしたり債務整理をしたりというケースが続発をしたのです。
そこで導入されたルールが、総量規制。

総量規制というのは、借りられる金額の上限を年収の3分の1までにするというものです。
このルールに照らし合わせれば、年収900万円の人は300万円までしか借りられないことになってしまいます。

しかし、それではあまりにがんじがらめです。

例えば、住宅ローンを組むにしても、300万円の住宅ローンでは大した家が建てられなくなってしまいます。
家だけではなく、自動車を購入する際にも、いい車を買えなくなってしまいます。

そこで総量規制には対象外となっているものがあります。

まずは、住宅ローンや自動車ローンといったローン商品です。
また、最近では消費者金融などでも実施している、おまとめローンや借り換えローン。
このローン商品も、総量規制の対象外となっております。

そしてそれ以外にも、銀行のカードローンは総量規制の対象外となっております。

これが消費者金融や信販会社だとどうなるかというと、これは総量規制の対象となってしまいます。