低金利のカードローンでお金を借りたいなら銀行系を!

低金利のカードローンでお金を借りたいなら銀行系を!

カードローンを利用する場合、低金利で融資を受けたいですよね。
では、低金利融資を受けるための方法を紹介しましょう。

まず知っておきたいのは金利に関する法律、「利息制限法」です。

利息制限法では、「元金10万円以上の借入れなら年利率20%まで」「元金10万円以上100万円未満の借入れなら年利率18%まで」「元金100万円以上の借入れなら年利率15%まで」としています。
例えば、50万円の借入れをしたら年利18%までで貸付することが許されており、それ以上の掛け率は無効になります。

また、年利20%以上で貸付を行った場合は、金融会社は刑事罰に処されることにもなります。
さて、これを条件として各社の平均年利を見てみると、4%~18%での貸付が多くなっているようです。

最低年利で融資してもらえることはないので、最大年利で比較をしてみましょう。

要するに、A社で年利4%~18%での貸付、B社では年利6%~16%での貸付を行っているとしたら、最大年利を比較してB社のほうが低金利融資が可能と考えることができます。
また、金利は優良債務者なら引き下げてもらうことも可能です。

初めは50万円を18%で貸付を受けていたとしても、ある程度の年収を持っており、定期的に借り入れを利用し、尚且つ返済の延滞や滞納なく利用していくことができたら金融会社の方から金利引き下げの連絡をもらうことができます。

また連絡がなくても交渉することが可能なので、正しく利用していきましょう。