カードローンの金利はどのくらい高いのか?低いのか

カードローンの金利はどのくらい高いのか?低いのか

カードローンのイメージとしては、金利が高いというものでしょう。

貸金業法が改正されるまで、利息が雪だるま式に殖えてどうにもならなくなる、こういったイメージが定着してました。
では、現在はどうなのか記しますから、その点へ注意して下さい。

現在、消費者金融でも法規制へ沿った金利設定となっていて、どの金融業者でも10%ぐらいから18%というほどで、驚くほど高くありません。

しかし、預金金利から比べれば非常に高くなり、住宅ローンと比べても10倍以上となります。

ですが、この金利設定はカードローンの特性からのものでして、それは、融資上現金額の範囲であれば、何度でも利用できるからでもあるのです。

例えば、融資上限が50万円の場合、まず10万円かりたとします。
その次の日にも、10万円かりられるのです。

そして、返済を10万円して、また30万円をかりるという具合に、繰り返し何度でも融資を受けられます。

これは、返済延滞などの金融事故を起こさない限り、自動更新で各金融業者の規定へ基づき、利用できる最終の年齢まで何度でも利用できるようにされているのです。
このシステムは、非常に便利でしょう。

そして、カードローンの金利が少し高目なのは、短期利用を前提としてるからでもあります。

短期の利用であれば、金利が少しばかり高くても返済金額は少なくなるのです。

尚、その点をカバーするように利便性が高いですから、現在では利用者の数が増えつつあります。